住宅の仲介手数料

厚木の土地価格と戸建て住宅の仲介手数料

厚木市と言うのは東京の多摩地域南部に当たる場所で、小田急線の駅では、鶴川、玉川学園前、厚木などの駅周辺になります。厚木市は地図で見ると解りますが、とても複雑な範囲になっており、神奈川県から厚木市に入り、200メートルほど歩くと再び神奈川県に入るような地域も在ります。

尚、戸建て住宅のを売却する時、購入する時など、土地価格を重視して購入を行ったり、売却を行う事になりますが、取引価格をしっておくことで、妥当な金額というものが明らかになってきます。因みに、厚木市の中で最も取引価格が高いのは、鶴川で坪単価は99万円で、最も安いのは相原町の坪11万円になります。戸建ての場合は、交通の利便性などを考えて土地を探す事が必要になりますが、90万円近い金額の差と言うものが在るのが特徴です。

所で、戸建て住宅を売却を行う時は、不動産会社に依頼をして買主を探して貰う事になります。また、売却が成立した場合は、不動産会社に対して仲介手数料を支払う事になります。

この仲介手数料は、部屋を借りる場合は家賃の1か月分などと言われていますが、売買においては販売価格の3%と6万円を加算して更に消費税が加算される金額になります。5000万円で戸建てが売却出来た場合は、不動産会社に160万円以上の仲介手数料を支払う事になるのです。不動産会社に支払うお金はこの仲介手数料だけで、仮に戸建てが売却できない場合は手数料は発生しません。

不動産会社に売却を依頼する場合は、媒介契約を結ぶ必要が有ります。媒介契約には3つの契約方法があります。1つは一般媒介契約とよばれるもので、複数の不動産会社と契約を行う事が出来る媒介契約です。1社だけではなく、いくつも会社に買主を探して貰えますので、より多くの人に物件の紹介が可能になると言った利点があります。

これに対して、専任媒介契約や、専任専属媒介契約の2つは、一般媒介契約とは異なり、契約が出来るのは1社のみとなります。これは独占契約の方法でもあり、不動産会社は親身になって買主を探してくれると言った利点があるのです。

と言うのも、一般媒介契約の場合は、複数の不動産会社と契約が出来ますので、買主を探し出した会社だけが仲介手数料を得て利益に出来ますが、専任媒介契約や専任専属媒介契約は、自社が買主を探し出せば確実に手数料と言う報酬が入りますので、買主を探し出す際に親身になってくれると言った利点があるのです。”