耐用年数で選ぶ厚木

耐用年数で選ぶ厚木の一戸建て住宅

厚木で一戸建て住宅を購入する場合には、建物の寿命が気になるところですが、厚木以外で一戸建て住宅を購入する場合にも同様に寿命を重視する必要があります。一戸建て住宅では新築分譲物件もありますし中古物件もありますが、寿命が短ければ建て替えや買い替えを行う頻度が高くなります。寿命を判断するには構造ごとの耐用年数を比較して選ぶことが大切です。その際には、寿命の長さだけではなく価格についても比較して、コストパフォーマンスで選ぶことが大切です。

販売価格が安くても、寿命が短ければ短期間で建て替えや売却をする必要が出てきますし、逆に価格が高くても寿命が長ければ建て替えをする頻度が少なくなるために長く住み続けることが可能です。一戸建て住宅は一生に一度の買い物と言われているように、一般的なサラリーマン家庭では何度も一戸建て住宅を購入するのは難しいと言えます。寿命を判断するには法定耐用年数が目安となりますが、木造住宅では22年となっていますし、鉄骨造では34年になっています。

またマンションなどの鉄筋コンクリート造では47年となっていますが、実際の寿命とは多少異なる面があると言えます。しかし不動産売買では、築25年を超えた木造住宅にはほとんど物件としての価値がなく、販売価格は土地の価格となってしまいます。

そのため法定耐用年数を超えてしまった中古住宅は、解体更地渡しとするのが一般的なのです。鉄筋コンクリート造の寿命が長くなっているものの、木造と比べれば建築コストが割高になってしまいます。また逆の目線では、建築コストが安い木造住宅でも、寿命は鉄筋コンクリート造の2分の1以下となっているのです。

ですから、鉄筋コンクリート造が寿命を迎える間に、木造住宅であれば1度建て替えが必要になってくるのです。厚木で一戸建て住宅を購入するには、販売価格だけではなく、構造の違いによる性質や価格に関しても十分に比較することが大切なのです。

法定耐用年数は減価償却資産の計算に用いられていますが、実際の寿命とは異なるケースがほとんどを占めます。

建物はリフォームで手を加えることで劣化を抑えることが可能ですので、寿命を長くする効果も期待できるのです。厚木でリノベーションを目的に一戸建て住宅を購入する場合には、寿命の長さと価格を比較して選ぶことが基本となりますが、中古住宅の場合には利用方法によって劣化度が変わってくるため、寿命と価格の比較も重要になってくるのです。”