厚木で一戸建て二世帯住宅

厚木で一戸建て二世帯住宅を計画する際のポイント

厚木で一戸建て二世帯住宅を新築するには土地の広さを確保することが必要になりますので、土地の購入費用が高くなってしまいますが、地価が高い地域の場合には土地の購入費用が高くなりすぎてしまいます。

しかし二世帯と言っても様々な形態がありますので、土地の面積が小さくても十分に設計プランを計画することが可能です。親世帯と子世帯が暮らす形態ですから、特別な間取りを作らなくでも一世帯以上住むことが可能な間取りがあれば二世帯と言えます。大きく分けると一部共用型や完全分離型がありますが、さらに完全分離型には左右分離型と上下分離型があります。

上下分離型でも内階段と外階段がありますので、厚木で土地の広さを確保できない場合には階数を多くすることで対応できると言えます。一戸建ては自由に設計できる注文住宅がありますので、様々なプランの中から最適な的なものを選ぶことが可能ですが、建ぺい率や容積率の関係から分離型の検討にも工夫が必要になります。

階数を多くする場合でも、準防火地域以上の防火規定があれば木造では3階建てが限界となります。3階以上の階数を確保するには、木造以外の構造を選べば実現可能ですが、容積率との関係もあるため建ぺい率や北側斜線制限との兼ね合いも出てきます。厚木で狭い土地に一戸建て住宅を新築するには、設計事務所に依頼するなど専門的な能力の高い建築士を選ぶことが大切です。一戸建ては自由に設計できるメリットがありますが、設計者の能力によって設計プランも大きく異なってきます。

土地に制約が多いほど設計プランも工夫が必要になりますので、デザインに優れる一戸建てを実現することが可能です。デザイナーズ住宅という表現が使われていますが、制約の多い土地を効率よく利用するためには、機能的な間取りを実現するために設計プランにもこだわりを出す必要があるのです。その結果デザイナーズハウスと呼ばれる斬新なデザインを持つ一戸建て住宅を実現することができるのです。

特に狭い土地で二世帯住宅を作る場合には、機能的な間取りを作るためにデザイン性に優れた設計プランになることが多いのです。

建物の設計プランは、土地の形状や建築基準法の基準を満たすことが絶対条件となってきますので、注文設計でなければ実現するのが難しくなってしまいます。また設計者のセンスが重要な部分となりますので、二世帯住宅の設計プランは経験豊富な設計者を選ぶことが大切なのです。”